姿勢不良、腰痛、膝痛の原因 ブーツ

パーソナルトレーナーの磯塚です。

かすみがうら市、土浦市、つくば市で、痛みのないカラダづくりをサポートしています。

ホームページをリニューアルにあたり、旧ホームページに投稿していた過去の記事を再投稿しています。若干、記事の修正や加筆を行っています。

過去記事ですが、痛みのない身体づくりの参考になると思いますので、ぜひお読みください。


ここから過去の投稿となります。

【姿勢不良の原因 ブーツ】2016年10月11日(火)投稿

ブーツも姿勢不良や膝痛、腰痛の原因の一つです。

だんだん寒くなってきてますね。

これからの時期はブーツを履く機会が増えてきますよね。

ブーツは踵の部分が高くなっているので足が長く、身長も高くなり、

歩く姿が格好良くなりますよね。

最近は内側にボア(モコモコ)がついていて暖かい物もありますよね。

今年もお気に入りのブーツを出し履いて出かけるとと思いますが、

その前に、確認して頂きたいことがあります。

毎年、お気に入りのブーツをずっと履き続けていると

踵の部分がいつの間にに磨り減っています。

踵が減りすぎたブーツはあなたの姿勢を崩す原因となるのです。

確認してください

ソールの踵の部分をチェックしてください。

かなり、磨り減っていませんか

実はブーツに限ったことではなく

スニーカー、ヒール、パンプス、サンダル、靴全体に当てはまります。

靴のヒールの部分がが減っていると、足首を正しく動かせなくなるのです。

そして、足首が正しく動かせないので膝が伸びなくなります。

膝が伸びなくなると股関節も伸びなくなります。

股関節が伸びなくなると

腰が反りと腹筋が使えなくなり

上半身の姿勢が崩れていきます。

以前の記事で書いた

外反母趾と同じように正しく関節、筋肉を使えなくなります。

外反母趾と靴の踵が減った場合では、足首の動きが少し違うのですが

同じように正しい動きができなくなり

姿勢が崩れていくことになるのです。

本当は素敵に格好良くなるのに

せっかく、ブーツを履き格好良く足を長く見せたいのに

足を伸ばせない状態で歩くことになってしまうのです。

足が長くなって格好良く歩くか

足が伸びずにすり足になって歩くか

靴の状態で歩き方が変わってしますのです。

もし、踵が減りすぎていると感じたなら修理に出しましょう。

今は一般的な修理屋さんでも、ヒールの素材も選べます。

素材が硬い、柔らかいでも歩き方、歩行時の姿勢が変わってきます。

もし、踵が減っているかどうかわからない場合は

私に遠慮なく聞いてください。

修理はできませんのでご了承ください。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここまでが旧ホームページに投稿していた記事となります。

読んで頂きありがとうございます!

あなたの痛みのない軽やかな体づくりを丁寧にサポートします。

Triple-Body 磯塚一真