仁一朗くん、質の高い練習ができているようですね!

質の高い練習をすると、一生懸命になりすぎて腿の筋肉を知らず知らずのうちに使いすぎる場合があります。

腿の筋肉を使いすぎると股関節に詰まり感や引っかかった感じが出て痛みとなってきます。

腿の筋肉(大腿四頭筋)、股関節の奥の筋肉(腸腰筋)をほぐしてストレッチをしてあげましょう。

大腿四頭筋(腸腰筋)のほぐし

腿をストレッチポールを使いよくほぐします。痛み、違和感のある股関節にも当てます。股関節にはテニスボールまたはソフトをあてるのも良いです。

股関節ほぐし仰向け(腸腰筋ほぐし)

①足を伸ばしつま先・膝を内側、外側に動かします。②つま先と膝を外側に向けたまま軽く小さく膝の曲げ伸ばし。①②各10回づつ
痛み違和感のある足を外回り内回りにままします各5周ぐらいずつ

股関節(腸腰筋)ほぐし 横向き

痛み違和感のある足を伸ばし、問題のない足をストレッチポールに乗せ膝を前後に小さく動かす。その後、大きく動かして股関節の伸ばす。
痛み違和感のある足のつま先をもって、反対の足(ストレッチポールに乗せてる足)を小さく動かす。その後大きく動かして腿をのばす。

大腿四頭筋ストレッチ 片膝立ち

痛み違和感のある足を後ろにして片膝立ち。つま先を持ちお尻を前にだすようにする。軽くつま先をお尻側に引く。

股関節・腸腰筋ストレッチ 片膝立ち

痛み違和感のある足を後ろにして片足立ち、①手をシッカリ伸ばす②手を伸ばしたままお尻を前足の膝を出す③そのまま身体を横に倒し膝から指先まで全体を伸ばす

痛みが出る時は筋肉をほぐし緊張をとることがとっても大切です。痛みが軽減したら股関節に負担をかけないための動きを身につけるための筋トレが必要になります。この筋トレは前回のレッスンでやってきた臀筋のトレーニングです。

頑張っている大腿四頭筋、腸腰筋をほぐしてあげて、痛み違和感の様子をみながら臀筋の筋トレを実践してみてください。そして自分の直感を信じて無理しないようにテニスの練習もしてみてください。

何かわからないことがありましたら。またメールで質問してくだい。