あぁ~息苦しい・姿勢と呼吸 過去記事

パーソナルトレーナーの磯塚です。かすみがうら市、土浦市、つくば市で、痛みのないカラダづくりをサポートしています。

ホームページをリニューアルにあたり、旧ホームページに投稿していた過去の記事を再投稿しています。

若干、記事の修正や加筆を行っています。ぜひお読みください。

ここから過去の投稿となります。

【あぁ~息苦しい 姿勢と呼吸】 2016年09月17日(土)投稿

デスクワークの方に多いようなのですが、仕事が終わると呼吸が苦しくなることがあるそうです。

月末、締め日、急に仕事を割り振られた時に起こるそうです。

忙しくて集中している時に起こるそうです。

わかります。私もデスクワークが続いた時、体について勉強をしていた時、長時間車の運転をしていた時、

など何時間も同じ姿勢をとり続けた時そんな経験があります。

デスクワークをしている時の姿勢を思い出してみてください。

頭が前に出て、パソコンに手を伸ばし方が前かがみになっていませんか

かなり背中が丸くなっていないでしょうか

その姿勢はかなり肋骨と肺が窮屈になっている姿勢です。

おへそを覗くようにして、前にかがんで呼吸をしてみてくだい。

呼吸できます!出来ると思いますが、呼吸しづらく浅いはずです。

デスクワークの姿勢は背中がかなり丸くなり、肋骨と胸椎の関節の動きが悪くなり呼吸時に機能する筋肉、

肋間筋(ろっかんきん)、横隔膜(おうかくまく)

などが、ちゃんと動かなくなっているのです。

「締め切り間近の仕事中に姿勢を正して座ってください」

「姿勢を意識してください。姿勢にも集中!」

などとは、もちろん言いません。

確かに締め切り間近、タイムリミットのある仕事をしている時に

姿勢のことを考える余裕はないと思いますが。

1時間に1回、仕事が終わった後には椅子に座ったままでいいので、

体を真っ直ぐにして深呼吸をしてください!

(椅子の上ですがイメージとしては正座をしている時の上半身で深呼吸です)

デスクワークに姿勢で締め付けられていた肺を大きく動かしてください。

これだけでも正しい姿勢=美しい姿勢に戻ります。

正しい姿勢になる事で先ほどの骨、関節が正しい位置の戻り、筋肉も正しく機能し始めます。

ついでに加えてもらいたいのが、椅子の背もたれを利用し、

両手万歳をして胸椎(胸、あるいは背中)をそらしてください。

より、胸が広がります。手を下ろした時には呼吸がとても楽にできます。

そして、呼吸ができるという事は酸素が肺にたくさん取り込まれているので脳も筋肉もリフレッシュします。

その後の仕事、プライベート時間もスッキリして効率よく過ごせるはずです。

崩れた姿勢をそのままにしないで、こまめにリセットするようにしましょう。

それが美しいカラダの「美姿勢」秘訣にもなります。

読んで頂きありがとうございます。

あなたの美しいカラダづくりを筋トレとピラティスで全力サポートします!