姿勢改善に筋トレが必要なわけ  過去記事

パーソナルトレーナーの磯塚です。

かすみがうら市、土浦市、つくば市で、痛みのないカラダづくりをサポートしています。ホームページをリニューアルにあたり、旧ホームページに投稿していた過去の記事を再投稿しています。若干、記事の修正や加筆を行っています。ぜひお読みください。

ここから過去の投稿となります。

【姿勢改善に筋トレが必要なわけ】2016年09月25日(日) 投稿

美しいカラダになるために姿勢改善の筋トレは絶対的に必要となります。

頭出っ張り、猫背、反り腰、骨盤ズレ、ガニ股、内股、O脚、X脚、などの体の歪みは

表と裏の筋肉、内側や外側の筋肉、右側と左側などの筋力のバランスが崩れ、それにより骨格の歪みとなり姿勢不良となります。

重力がかかって生活をしている中で、正しい姿勢を維持する筋力と

正しい動きをする、筋力が落ちるためですね。

重力に筋力が負けてしますからですよね。

よく、整体やカイロで、うつ伏せになっている患者さんやクライアントさんを

ボキッバキッと骨格を調整したり、

筋肉をモミモミしたグーンと伸ばしたりして

姿勢を改善することがあります。

実際にそのような素晴らしい手技をお持ちの治療家さん達も沢山いらっしゃいますが、

その後良くなった姿勢で

重力に負けないで、日常生活を正し姿勢で正しく動く筋肉をつけなければ、

正しい筋肉を使って動くことを体に覚えこませなければ、

「アッ!」という間に戻ってしまいます。

もちろん、治療家の方々で運動指導される方もいらっしゃいますが、

多分、60分の手技のうち10分ぐらいではないのでしょうか

しっかり確実に筋肉が機能するように運動、つまり筋トレをしなければ、いつの間にか、もとの姿勢に戻ってしますわけです。

間違った姿勢と動きが身についている、癖になっているので!

そもそも、姿勢不良は日常生活で、自分の体の重さに耐えられなくなり、

地球の重力に耐えられなくなったため、体が丸くなり、足が真っ直ぐ伸びきらなくなったものです。

重力に耐えるためにも、重さ(負荷)をかけてしっかり筋トレをすることが大事になってきます。

そうしなければ、いっ時、姿勢改善ができたとしても、本当に姿勢がかわったと良いきれません。

美姿勢!ではありません。

筋トレと言えば

「重いの持つのですか?重りを持たないとダメですか?」

「自分の体重だけのトレーニングではダメなのですか?」

と聞かれそうですが、できれば持った方が良いです。

日常生活において、自分の体重だけで生活していることはありません。

衣類を着て、鞄を持って歩き、時には小走りしたり、荷物を持ったりしています。

体重以上の負荷がかかっています。

この地球上で美しい姿勢で美しく過ごすためには、重力に負けない

美しい姿勢をしっかり維持する筋力、

美しい姿勢で動く筋力、

が必要となります。

だからこそ、一時ではなく本当の姿勢改善には筋トレが必要となります。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ここまでが旧ホームページに投稿していた記事となります。読んで頂きありがとうございます!

あなたの痛みのない軽やかな体づくりを丁寧にサポートします。

Triple-Body 磯塚一真